チームラボが徳島に登場 滝をプロジェクションマッピングする「文化の森に憑依する滝」を常設展示

2017年3月20日(月・祝)より徳島県立21世紀館にて、「チームラボ徳島県文化の森」を開催する。建物に滝をプロジェクションマッピングする新作「文化の森に憑依する滝」を常設展示したり、6月30日(金)まで期間限定でデジタルアート作品「クリスタルユニバース」を展示する。それ以外にもワークショップなどもあり徳島県でチームラボを体感しててはどうでしょうか?

 

展示作品

 

文化の森に憑依する滝 / Universe of Water Particles on Bunkanomori Park

仮想の三次元空間に文化の森にある建物を立体的に再現し、そこに水を落下させ、建物の形による水の動きをシミュレーションし、滝を描いた。その滝を、実際の建物にプロジェクションマッピングした。

 

水は、無数の水の粒子の連続体で表現し、粒子間の相互作用を計算している。そして、水の粒子の挙動によって、空間上に線を描く。その線の集合をチームラボが考える「超主観空間」によって平面化し滝を描いている。

人が作品の上に立つと、その場は、水の流れを遮る岩のように、その人自身が障害物となり水の流れが変化していく。作品は、人々のふるまいの影響を受けながら、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。 (チームラボ広報)

 

期間限定作品

 

クリスタルユニバース / Crystal Universe

点描は、点の集合で絵画表現を行ったものだが、これは、光の点の集合で彫刻を創っている。彫刻は、光でできているため、デジタルで制御することによって、インタラクティブに動く。

 

本作品は、光の彫刻の集合体によって、宇宙空間を表現したインタラクティブなインスタレーションである。
鑑賞者は自身のスマートフォンを通じて、クリスタルユニバースを構成するエレメントを選び、出現させ、クリスタルユニバースを創っていく。そして、鑑賞者は、作品空間に入り歩きまわることができる。

 

それぞれのエレメントは互いに影響を受ける。また、エレメントは、作品空間内の鑑賞者の存在にも影響を受ける。

クリスタルユニバースは鑑賞者によって刻々と創られていきながら、永遠に変化していく。     (チームラボ広報)

 

 

開催概要

 

チームラボ 徳島県文化の森
https://www.team-lab.net/jp/e/bunkanomori/
会場:徳島県立21世紀館(徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園内)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日にあたる場合はその翌日)
会期: 2017年3月20日(月・祝)~
作品詳細:
文化の森に憑依する滝

展示期間:常設展示
展示場所: エントランス
時間: 19:00~21:00
入場料: なし
クリスタルユニバース
展示期間: 6月30日(金)まで
展示場所: 多目的活動室
時間: 9:30~17:00 ※土・日・祝のみ19:00まで延長
入場料: 大人200円,小中高100円,幼児無料

 

問い合せ先: 徳島県商工労働観光部企業支援課
電話番号: 088-621-2147(平日9:00~17:00)
主催: 徳島県,とくしまLED・デジタルアート実行委員会
共催: 徳島県教育委員会
企画協力: チームラボ
【特別講座とワークショップ概要】
「テクノロジー×アート」特別講演とワークショップ

http://www.library.tokushima-ec.ed.jp/libinfo.php

日時: 2017年3月20日(月・祝)
ワークショップ 11:00 ~ 13:00 (10:30 ~ 受付)
特別講演 15:30 ~ 16:50 (15:00 ~ 受付)
受講料:無料
定員:各50名。定員を超えた場合は先着順に締め切りとさせていただきます。
※特別講演とワークショップは、続いて開催されます。どちらか一つを受講することも可能です。
ご参加を希望の方は、必要事項(参加区分「ワークショップ・特別講演」、氏名、住所、連絡先、所属)を明記の上、企業支援課あてFAX、メール又は電話で申込みください。
ワークショップ・特別講演 お問い合わせ&申込先:
徳島県 商工労働観光部 企業支援課 情報通信産業担当
メールアドレス:kigyoushienka@pref.tokushima.jp
電話番号:088-621-2147
FAX:088-621-2853
詳細: http://www.library.tokushima-ec.ed.jp/libinfo.php