朝早く出かけて夜遅く帰ってきた仕事で意地の英語勉強 ENGLISH 2DAY

さて、本日は早朝から仕事で出かけて同僚と飲みに行って帰宅したのが22時過ぎになりました。そこからシャワー浴びてなんだかんだで23時過ぎ。こんな状態から英語の勉強をするかしないかの明暗ですが、気合と根性で小さな一歩ですが英語の勉強をやり切りました。なんでできたんだろうか?それを一人で考察してみました。

 

何故英語の勉強ができたのか?

朝7時過ぎには家を出て22時近くまで仕事絡みで帰ったきたのに関わらず英語の勉強ができました。本来の根性なしとしては考えられない進展です。何故、英語の勉強ができたのでしょうか?それには大きく3つの理由があると思います。

 

①中学校1年の勉強から始めているから敷居が低い

DAY1でも書きましたが、中学校の教科書から初めているので敷居がかなり低くとっつきやすいのが特徴です。これから高校の文法や難しいボキャブラリーを淡々と勉強する気力はおきませんが、中学校1年ぐらいの教科書ならなんとかなります。またユニットやパートに分かれているため、短いゴール設定ができやすいです。

当然、徐々にレベルは上がるから難しくなるだろうけどまずは習慣化が必要なのでレベルにあった勉強法は必要だと思います。

 

②時間を短く設定している

とりあえず3時間ずつやろうとは決めないでユニットは終わらせようと決めて始めたので、30分ぐらいで終わることができました。最初はムリして時間を決めない方が良いようです。まずは習慣化が大事ですね。

教科書ガイドにはユニットごとに問題がついていてこれでしめて終わるという区切りができます。(ちなみに「よい・すてきな」をgoodと書いてしまい正解はniceという恥ずかしいミスはしましたが)それもご愛嬌。また久しぶりにテスト的なことをしたので一瞬morningですら書けなくなりそうだったのには自分ながらに衝撃を受けました。

 

③まず帰ったらシャワーを浴びてから始める

正直、寒かったのでお風呂に入りたいのは希望ですが、時間的な配分からお風呂を避けシャワーを浴びたことが効果的でした。

利点が2つあってテレビなどの誘惑を避けるためにも先にシャワーを浴びてしまう。

そして、気持ちもリセットしてそのまま勉強に突入するという利点があります。

まあ偉そうなことを言っても30分ちょっとぐらいしか勉強はしていませんが、小さな一歩が大きな一歩ということで今日はこのへんで!!

本日の勉強時間:30分(累計2時間00分)